●●● 「ヘリコプター教室」実験5 ●●●
「シンプルなヘリコプターの安定化調整、ホバーリング飛行」

  ●実験5 「シンプルなヘリコプターを安定して飛行出来るよう調整工作」
      安定した飛行が出来るようになったら、ホバーリングしてみよう
  ●講 師  井門先生(埼玉工大) 中村さん(宇宙航空研究開発機構)  藤野
   
  ●内 容

 シンプルなヘリコプターを、より安定するように調整する。
 電源を電池式、可変抵抗をいれて電圧を変化させ
 メインローターの回転数を制御する。
 機体に紙で安定翼をつけ、重心を調整する。


説 明

シンプルなヘリコプター調整画像

調整の作業内容

調整1

電源の変更

シンプルなヘリコプターにセットされて
いる手回し式発電機を電池式に交換。

安定した電源で、モーターの回転を
コントロールする。

しかし、セットされているローターは
セルロイドで出来ているので、
安定感、揚力の効率が良くない。

組み立ては10分程度。
試しに飛ばしてみる。

調整2 ローターの交換

別のおもちゃのヘリコプターの
ローターに交換する。

このローターの方が効率が良く、
スタビライザーも付いているので
回転に安定性がある。

しかし、まだ安定飛行とはいえない。

試しに飛ばしてみる。

調整3 安定翼の取り付け

紙で作った安定翼をテープで固定。
左右のバランスに注意する。

モーター位置関係により、前後の
重さのバランスを一円玉で調整。

電圧の調整。

離陸から、ホバーリングが可能になる。
作業時間は10分程度。

●飛行動画